CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
和の菓子
和の菓子 (JUGEMレビュー »)
高岡 一弥,高橋 睦郎,与田 弘志,宮下 惠美子,リー・ガーガ
完成された美、抜き差しならない美しさ…眺めているだけで幸せになれる、とても美しい本です。装丁も素敵です。ベストデザイン賞受賞(グルマン世界料理本大賞)
RECOMMEND
RECOMMEND
スノーフレーク
スノーフレーク (JUGEMレビュー »)
ケネス リブレクト,パトリシア ラスムッセン
キラキラと舞い降ちる雪の結晶…その誕生や成長を分かりやすく解説する著者のまなざしの温かさ、はかない雪粒に秘められた奇跡の数々。写真集としても手元に置きたい宝物的1冊。
RECOMMEND
虹大陸~Amazing Australia~
虹大陸~Amazing Australia~ (JUGEMレビュー »)

オーストラリア・タスマニアの自然を撮り続けている写真家・相原正明氏のDVD。ご本人による解説も面白くてわかりやすく◎!
SPONSORED LINKS
J-WAVE Now On Air
MOBILE
qrcode
OTHERS
 
墨のアトリエの日常を徒然につづります
ツバメ2018



 今日、職場の窓から撮影した電線ツバメ。今年最初の一枚です。



 こうして千葉駅周辺にも、ツバメが少しずつ帰ってきています。 年々、個体数の減少が心配されているツバメたち。ツバメ大好き人間としては、もっとたくさん飛び交っていてほしいのですが・・・。

 ところでみなさん、「日本野鳥の会」でツバメの全国調査をしているのをご存知ですか?全国のツバメ愛好家の方々が、ご近所の巣について日々のレポートを投稿していて、ツバメ愛があふれていて、心がなごみます。興味のある方はぜひ覗いてみて下さい。いまのところ千葉駅界隈ではまだ参加者がいないようなので、どなたか定期的に観察&報告のできる方がいましたら、是非お願いします!

WEBサイトはこちら→「日本野鳥の会 ツバメ全国調査2018」

 巣作りや子育てがうまくいくよう祈りつつ、今年も静かにツバメたちを見守りましょう♪




| 動物ネタ | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
桜@千葉公園 2018(3)
今朝はお弁当にサンドイッチ持参してきて良かった!昼休みになって急遽「サクッとお花見いこう」という話になり、カメラとランチだけ持ってワタワタと千葉公園へ。



こんなに桜が見頃なのに、公園は結構空いていました。今年は何日もお花見日和が続いていたので、うまく分散したのかもしれません。





咲いたと思ったら、もう散りはじめていて・・・
花吹雪が太陽でキラキラ輝いていました。






| 園芸ネタ | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
桜@千葉公園 2018(2)


ふたたび通りすがりの千葉公園。2日のあいだにとっても開花が進んでいる!もう満開です!!





| 園芸ネタ | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
桜@千葉公園 2018
千鳥ヶ淵など、都内の桜が早くも満開だそうです。
それなら千葉公園は?というと・・・



今日のところは、全体としては「五分咲き」という印象。
同じソメイヨシノでも、まだ咲き始めたばかりのものから、七分咲きのものまでが混在している感じです。急に温かくなって、桜も驚いているのかもしれません。



正午少し前に見に行ったので、これから気温が上がってどんどん開花が進めば、あさってくらいには満開の桜が楽しめそうです。



正味3分のスピード花見、終了。
もう少しゆっくりと、ランチタイムだけでも何とか時間を作ってお花見できたら・・・と夢見つつ、急ぎ帰途に就く年度末モードの3号でした。






| 園芸ネタ | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ラナンキュラス月間
 ただいま、密かに?切り花(の変遷)を楽しんでいます。



 きっかけは数年前に初めて購入した造花でした。
 仕事で立ち寄った専門店で、それまで持っていたイメージを覆す繊細なアートフラワーの数々にまず圧倒され、その中で一番気に入った花を自分にも1輪だけ買って帰ろうと思って見つけたのが、小振りのラナンキュラスでした。

 そして2年前の冬、生花店で本物のラナンキュラスと遭遇。
 訳もわからず水だけはこまめに替え、外側の花びらが枯れてきた段階でも捨てるにはしのびなく、枯れたところだけをつみとり続けて1ヶ月・・・気がつけば、黄色だった花が、白とピンクのグラデーションに美しく変貌するという嬉しいサプライズが! (ご興味のある方は、2016年1月3日の記事をご参照ください。)

 とにかく、切り花はただ枯れていくのではなく、飾っている間にも成長し、ときには感動的な変化を遂げる、ということをその時知ったのでした。

 そんなこともあって、この冬もお花屋さんをちょいちょい物色し、これと決めたのが 濃い朱色のラナンキュラス。今回は自信を持って、1週間、2週間と、外側のしおれた花びらを取り除きながら見守り続けています。


2月13日(購入直後)


2月19日(約1週間後)


3月17日(約1ヶ月後)

 これまた想定外!
 今回の子は、花びらがどんどん小さくなって、色は淡いピンクに変わっていって、しまいには、芯に近い所から若葉のようなものが伸びてきた…?!
この緑色の芽は、どういうこと?もっと伸びるのか?増えるのか??

 神秘の植物、ラナンキュラス。
 今後もひきつづき観察していきたいと思います。






| 園芸ネタ | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |