CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
和の菓子
和の菓子 (JUGEMレビュー »)
高岡 一弥,高橋 睦郎,与田 弘志,宮下 惠美子,リー・ガーガ
完成された美、抜き差しならない美しさ…眺めているだけで幸せになれる、とても美しい本です。装丁も素敵です。ベストデザイン賞受賞(グルマン世界料理本大賞)
RECOMMEND
RECOMMEND
スノーフレーク
スノーフレーク (JUGEMレビュー »)
ケネス リブレクト,パトリシア ラスムッセン
キラキラと舞い降ちる雪の結晶…その誕生や成長を分かりやすく解説する著者のまなざしの温かさ、はかない雪粒に秘められた奇跡の数々。写真集としても手元に置きたい宝物的1冊。
RECOMMEND
虹大陸~Amazing Australia~
虹大陸~Amazing Australia~ (JUGEMレビュー »)

オーストラリア・タスマニアの自然を撮り続けている写真家・相原正明氏のDVD。ご本人による解説も面白くてわかりやすく◎!
SPONSORED LINKS
J-WAVE Now On Air
MOBILE
qrcode
OTHERS
 
墨のアトリエの日常を徒然につづります
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ツバメ日記2018


毎年、千葉駅周辺にもツバメが子育てにやってきます。

駅の改装工事が進むなかで、周囲の構造物や人の流れ、工事の作業音など様々に環境変化がありましたが、今年もわずかながらいつもの高架下にツバメが巣をかけ、子育ての様子や雛の成長を見守ることができました。

今日は久々のブログ更新を祝して(!?)あるツバメ一家の4ヶ月にわたる子育ての様子をいっきにご紹介します。

4月中旬〜下旬:巣作り

今年高架下に新しく設置された配管の上に、きれいなお椀型の巣が完成しました。間もなく、抱卵が始まりました。

5月上旬〜中旬:抱卵


5/15は雌が、翌日は雄が卵を暖めていました。

5/23、小さなヒナの姿を発見。

この頃から親鳥たちは忙しく飛び回り、ひっきりなしに食事を運んでは巣の中を覗き込み、せっせと子育てに励んでいました。


5/28、全部のヒナの顔が見えました。

合計5羽。初日にかえったヒナと最後にかえったヒナとではせいぜい5日の差なのですが、成長ぶりがかなり違います。

お母さんツバメ

(左右の羽根先より尾羽が短いのが雌。雄は尾羽の方が長い。)

お父さんツバメ

それぞれ、お気に入りの場所があるようです。

6/4、先輩のヒナが羽ばたき練習を開始。


6/7、生後2〜3週間のヒナたち。すでに2羽は巣立ったもよう。

ヒナの特徴:喉がまだ薄いピンク色。羽毛はボサボサ。
くちばしが黄色く目立つので、常に不機嫌そうに見える(への字口)。

6月中旬には巣が空になりました。

そして間もなく、同じ巣で、親鳥が再び抱卵を始め、
7/13、次のヒナが顔を出しました。

2回目に産まれたヒナは合計3羽。
そのヒナたちも8月上旬には無事巣立っていきました。

このつがいは、今年合わせて8羽の子ツバメたちを送り出しました。巣立った子どもたちが、来年元気な親ツバメに成長して戻ってきてくれることを祈ります。

そして今日。あれ??

今シーズン2回の子育てを果たした親ツバメたちですが、まだ巣から離れません。まさか、3回目も頑張るつもりだったりして?!
それとも、他のつがいに巣を取られないよう見張っているのでしょうか・・・?

もうしばらく観察を続けてみます。
何かわかったら、また報告するかもしれません。





| 動物ネタ | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ツバメカーテン


千葉駅ビルの一角で、こんなものを見つけました。



白くてひらひらしたものは、荷造りひもを細かく裂いて天井に張り付けた簡易カーテン。 「ツバメの巣が、カラスに見つからないように」だと思います。 どなたかわかりませんが、千葉駅には心優しい人がいるようです。


子ツバメたちすくすく成長中みたいです。





| 動物ネタ | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
sato-ca展@そごう千葉店



sato-ca POP UP SHOP
会期:2018年6月19日(火)〜6月25日(月)
会場:そごう千葉店 9階 三省堂書店前
営業時間:午前10時〜午後8時(最終日は午後5時閉場)

***

sato-caさんは、バッグやアクセサリーなどを手掛けている地元千葉のクリエイター。墨の3号の誇らしい旧友のひとりでもあります。今回は千葉そごう9階「三省堂書店大八車」に1週間限定の出店です。



昨年から登場した「le jardin de dentelle -レースの庭-」シリーズに夏らしい水色が登場していました。(上段にある横長トート、右。写真が暗くてすみません)



全体がなめらかなスムースレザー製で、本体の水色に、レース部分の白と持ち手のシャンパンゴールドが加わった涼しげな逸品。そのレース部分はスエードの切り絵という感じで、作家ものならではのオリジナリティ、アーティスティックなセンスにあふれていて、ついつい目が惹き付けられてしまいます。

手に持ってみると軽さにもびっくり。前回登場したライトブラウン×ゴールドレース(上段、左)もすごく使いやすそうでいい!と思ったけど、水色もまたすごくいい!このシリーズは、和服に合うバッグとして購入される方も少なくないとか。人に喜ばれるものを自分の手で作り出せるって本当に素敵だなと思います。



丁寧な手仕事の作品たち。お気に入りのカラフルポーチやビーズ刺繍のポシェットたちも元気にラインナップしていて嬉しい限りです。



素敵な作品たちをクリエイターから直接購入できる貴重な機会。月曜の午後5時までなので、お近くに行かれる方は是非ご覧下さい!

(週末、都内へお出かけの方は、6月24日〜7月4日まで東急プラザ銀座4階「HINKA RINKA 2nd Message」にも出店予定があるそうなので、そちらも是非!)

※sato-caさんのことや作品をもっと知りたい方は、こちらもご参照ください。
https://www.facebook.com/satoca.bag/




| 街ネタ | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ツバメ2018



 今日、職場の窓から撮影した電線ツバメ。今年最初の一枚です。



 こうして千葉駅周辺にも、ツバメが少しずつ帰ってきています。 年々、個体数の減少が心配されているツバメたち。ツバメ大好き人間としては、もっとたくさん飛び交っていてほしいのですが・・・。

 ところでみなさん、「日本野鳥の会」でツバメの全国調査をしているのをご存知ですか?全国のツバメ愛好家の方々が、ご近所の巣について日々のレポートを投稿していて、ツバメ愛があふれていて、心がなごみます。興味のある方はぜひ覗いてみて下さい。いまのところ千葉駅界隈ではまだ参加者がいないようなので、どなたか定期的に観察&報告のできる方がいましたら、是非お願いします!

WEBサイトはこちら→「日本野鳥の会 ツバメ全国調査2018」

 巣作りや子育てがうまくいくよう祈りつつ、今年も静かにツバメたちを見守りましょう♪




| 動物ネタ | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
桜@千葉公園 2018(3)
今朝はお弁当にサンドイッチ持参してきて良かった!昼休みになって急遽「サクッとお花見いこう」という話になり、カメラとランチだけ持ってワタワタと千葉公園へ。



こんなに桜が見頃なのに、公園は結構空いていました。今年は何日もお花見日和が続いていたので、うまく分散したのかもしれません。





咲いたと思ったら、もう散りはじめていて・・・
花吹雪が太陽でキラキラ輝いていました。






| 園芸ネタ | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |