スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

大賀ハス2020@千葉公園

「早起きは三文の徳」とよく言いますが
たまたま早起きをしたからと出勤前に
千葉公園へ寄り道してしまった私は
プライスレスな超〜得した気分に浸っております。



満開の大賀ハスが風に揺れていて
葉や花びらには昨夜の雨粒が光っていてもう夢のよう。







千葉市の公式サイトによれば、3日前の開花数が603輪だったそうです。
(千葉市大賀ハス開花状況のサイト↓
https://www.city.chiba.jp/toshi/koenryokuchi/kanri/chuo-inage/ogahasu-kaika2013.html


働き者のミツバチにもたくさん会えます。


カモの日光浴にも遭遇するかも。
頭上にはツバメも飛び交っています。


いまは梅雨の晴れ間に草花が輝く季節。
もし雨がやんでいたら、
身近な公園などに是非出かけてみてください!







ツバメ日記2020(9)

 今日も頭上からツバメのヒナのおしゃべりが聞こえてきました。



 この3兄弟(姉妹?)、電線の上でも密着していたいみたいです。
 まだ巣から出られるようになったばかりで不安なのかな。



 中の1羽は明らかに幼く、ふわふわの産毛を着ていて、
基本、飛び立つつもりもないようです。
 他の2羽が飛行練習していても、
かたくなに電線にしがみついているのでした。






ツバメ日記2020(8)

 早くも記録更新。
 ツバメファミリー、今朝は全部で11羽になっていました。



 1組のつがいが1度に育てるヒナは大抵5羽前後だと思うので、
ここには2組のファミリーが来ていると考えた方が良さそうです。

 親同士に血縁関係などがあるのか、
それとも群れで渡る鳥は喧嘩しないのか、
とにかく、11羽、仲良く並んで休んでいました。

 まさかこれ以上増えることはないと思うけれど・・・
明日もやってくるのか、楽しみです。









ツバメ日記2020(7)

 今日もスズメが騒がしいな、と思って見上げたら、ツバメでした。

 電線に8羽。1度に見た数としては最高記録。

 1羽が飛び立って、しばらくしたら餌を運んで来ました。
 巣から出られるようになったヒナたちに、
電線の上で餌をやっているようです。

 よく見ると、一番右のツバメは一回り大きく、燕尾も立派。
 つまり、このお父さんツバメが全体の見張り役で、
お母さんツバメが餌を運ぶという体制で子育て中のようです。
 呑気なヒナたちはピヨピヨピヨピヨすごくおしゃべり。

 なんだか、音符に見えてきた・・・。








sato-ca@そごう千葉店


<sato-ca>POP UP SHOP
会期:2020年6月16日(火)〜6月22日(月)
会場:そごう千葉店 9階 手づくりの倉前
営業時間:午前10時〜午後8時
URL:www.facebook.com/satoca.bag/

* * *

 千葉駅周辺の商業店舗が通常時間営業に戻っての嬉しいタイミングで、
地元デザイナー「sato-ca」の期間限定ショップが
そごう千葉店9階に戻ってきてくれました。
 店内はもちろんマスク必須ですが、賑わいのあるお店に入ると、
日常が戻りつつあるんだな・・・と感じてやはりホッとします。
 マスク、と言えば、今回の新作は”丸ごと洗える”ポーチシリーズ。

 外出先での食事の際に、外したマスクの扱いに困りませんか?
むやみにポケットに入れるとくしゃくしゃになるし、
使用中のマスクを直接ハンドバックに入れるのはちょっと・・・。

 そんな悩みをsato-caが解決してくれました!
厚手で丈夫、しかも、ほど良くやわらかい洗えるポーチ。
POPでビビットな濃色から上品なベージュまで選べる多色展開。

 マスクがファッションアイコンとなりつつある現在、
お気に入りのマスクを持ち歩くための”洗えるケース”もお気に入りなら
気分が上がることうけあいです。
 洗える、ということは、水濡れに強いということで、
雨の日の外出時に大切な手帳や預金通帳などの小物を収納したり、
マチのあるタイプなら、アメニティグッズを入れるポーチとしても有能かと。
 まだまだ遠出をするのは心配な今日この頃だからこそ、
地元で楽しむことを大事にしたい。
 お近くの方は是非、そごう千葉店9階で1週間限定の
「sato-ca」ショップをこの機会に覗いてみて下さい。