スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

流れ星を見よう!

このところカラリとした晴天続きで夜空がきれいですね。
特に、冴え冴えと輝く月や宵の明星(金星)のまばゆいことと言ったら!
寒さを忘れてついつい見入ってしまいます。

ところでみなさん、最後に流れ星を見たのはいつですか?
私は先月も2度ほど、仕事帰りの道中で流れ星を見つけました。
「ふたご座流星群」だったのかな〜と思います。
たまたま「星がきれいだな〜」と思って自転車をこぎながら天空を見上げていたら「スゥー…」と光が流れるのが見えました。
イェ〜イ、ラッキー!と、疲れも吹き飛ぶ瞬間です。

実は、今夜も流れ星が見えるかもしれないので、夜が来るのを心待ちにしています。
1月3日の夜10時頃ピークを迎えるだろうと予測されている流星群があるのです。
その名は「しぶんぎ座流星群」

「しぶんぎ座」って聞いたことないなぁと思ったら、もうなくなってしまった星座なのだそうです。時代とともに消えていく星座というのもあるのですね…。
そのせいもあってか、あまり聞き慣れない流星群ですが、実は8月のペルセウス座流星群や、12月のふたご座流星群とならんで、年間三大流星群のひとつに数えられているそうです。期待大!

流星が流れ出すポイントは「北斗七星」の近くみたいです。
今晩お暇な方、お出かけ帰りに外を歩かれる方は、ぜひ「北斗七星」の周りの空を眺めてみてください。
なるべく街灯などの明かりがない、見通しの良い安全な場所から、暖かい恰好で。
(自転車こぎながら…は危ないです。絶対真似しないでね。)

新年の縁起担ぎに、流れ星に願掛けをする絶好のチャンス!
どうぞ見えますように…

[豆知識] 2009年は「世界天文年」
2009年は、ガリレオ・ガリレイが自作の望遠鏡で初めて天体観測を行ってからちょうど400年。それにちなんで色々な天体イベントが企画されている模様…
興味のある方は、下記のHPもご参照くださいませ。

↓ ニコン「星空案内」http://www.nikon.co.jp/main/jpn/feelnikon/discovery/stars/index.htm
(ニコン公式HP内の星空TOPページのアドレスです。更に「今月の星座」をクリックすると、世界天文年や流星群の話が載っています。身近な星空のことをわかりやすく説明してくれるので、いつもこちらを参考にさせていただいています。)

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL