スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

シャングリラ、雨乞い、精霊の舞い

強い風と雨の祝日、久しぶりに渋谷です。
やっぱり、人ヒトヒト…。
いつもの人口密度に傘が加わり、もはや往来は危険そのもの。

こういうのが嫌で、自らは決して寄り付かないっっ!というつもりが、
なんだかんだと年に1度は呼び寄せられてしまう渋谷のまち。
エンターテイメントの魔の手が今日もあちこちにあふれております。

という訳で、昨日まで何も知らなかった私のところに、棚ぼた式に
「神話のダンサー」の世界を垣間見るチャンスがやってきました。
東急文化村オーチャードホールにて、『シャングリラ』開演です。


  2メールはありそうな巨大な銅鑼が鳴り響き、
    それからつぎつぎと太鼓、歌、群舞
         太陽、日蝕、
       月光に舞う1羽の孔雀
    魂が揺さぶられるエネルギーの炸裂

   神への祈り、大地への感謝、喜怒哀楽、
 すべての答えは生命そのものだとでもいうような
     有無を言わせない圧倒的なパワー


……って、もう言葉で説明するのは無理!
とにかく、この世界に取り込まれ、しばし我を忘れました。

何と言っても、ヤン・リーピンのダンスは
見ているそれが「人」であることを忘れさせる完成度。
孔雀を演じているときは本当に孔雀にしか見えないし、
たたずまい、所作が完全に人間離れしていて
その気配は、もしろ風に揺れる植物や樹木に近く
「精霊」の名にふさわしい特別な存在感でした。

中国少数民族に脈々と受け継がれてきた土着的パワーと
神の化身のようなヤン・リーピンのソロダンスが
完ぺきに融合しあっているファンタジックな世界。
この場に居合わせることができて本当に良かった!

貸し切り公演のチケットを当てたラッキーな母と
直前に見られなくなり権利を譲ってくれた父、
そして双眼鏡を貸してくれた墨の1号さんに感謝。
(3階席からでもよ〜く見えましたよ。)

感動のあまり、その他もろもろ、なんもかんもに感謝!な気分。

ちなみに、雨乞いのシーンを見て
「だから今日雨なんだ!」
と納得したのは私だけではなかったはず。

そんなことを思いながら、
雨の中、楽しく帰途につくことができました。
濡れたけど最高の1日でした。

スポンサーサイト

コメント

最初にタイトル聞いたときはユーミンの舞台かと思いましたよ。
いいなあ、舞台みてないなあ。
熱く語る3号さんに観劇の血がふつふつと。。。

  • 墨の1号
  • 2008/03/24 18:55
トラックバック
この記事のトラックバックURL