CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
和の菓子
和の菓子 (JUGEMレビュー »)
高岡 一弥,高橋 睦郎,与田 弘志,宮下 惠美子,リー・ガーガ
完成された美、抜き差しならない美しさ…眺めているだけで幸せになれる、とても美しい本です。装丁も素敵です。ベストデザイン賞受賞(グルマン世界料理本大賞)
RECOMMEND
RECOMMEND
スノーフレーク
スノーフレーク (JUGEMレビュー »)
ケネス リブレクト,パトリシア ラスムッセン
キラキラと舞い降ちる雪の結晶…その誕生や成長を分かりやすく解説する著者のまなざしの温かさ、はかない雪粒に秘められた奇跡の数々。写真集としても手元に置きたい宝物的1冊。
RECOMMEND
虹大陸~Amazing Australia~
虹大陸~Amazing Australia~ (JUGEMレビュー »)

オーストラリア・タスマニアの自然を撮り続けている写真家・相原正明氏のDVD。ご本人による解説も面白くてわかりやすく◎!
SPONSORED LINKS
J-WAVE Now On Air
MOBILE
qrcode
OTHERS
 
墨のアトリエの日常を徒然につづります
<< ツバメカーテン | main | 空にハート >>
ツバメ日記2018


毎年、千葉駅周辺にもツバメが子育てにやってきます。

駅の改装工事が進むなかで、周囲の構造物や人の流れ、工事の作業音など様々に環境変化がありましたが、今年もわずかながらいつもの高架下にツバメが巣をかけ、子育ての様子や雛の成長を見守ることができました。

今日は久々のブログ更新を祝して(!?)あるツバメ一家の4ヶ月にわたる子育ての様子をいっきにご紹介します。

4月中旬〜下旬:巣作り

今年高架下に新しく設置された配管の上に、きれいなお椀型の巣が完成しました。間もなく、抱卵が始まりました。

5月上旬〜中旬:抱卵


5/15は雌が、翌日は雄が卵を暖めていました。

5/23、小さなヒナの姿を発見。

この頃から親鳥たちは忙しく飛び回り、ひっきりなしに食事を運んでは巣の中を覗き込み、せっせと子育てに励んでいました。


5/28、全部のヒナの顔が見えました。

合計5羽。初日にかえったヒナと最後にかえったヒナとではせいぜい5日の差なのですが、成長ぶりがかなり違います。

お母さんツバメ

(左右の羽根先より尾羽が短いのが雌。雄は尾羽の方が長い。)

お父さんツバメ

それぞれ、お気に入りの場所があるようです。

6/4、先輩のヒナが羽ばたき練習を開始。


6/7、生後2〜3週間のヒナたち。すでに2羽は巣立ったもよう。

ヒナの特徴:喉がまだ薄いピンク色。羽毛はボサボサ。
くちばしが黄色く目立つので、常に不機嫌そうに見える(への字口)。

6月中旬には巣が空になりました。

そして間もなく、同じ巣で、親鳥が再び抱卵を始め、
7/13、次のヒナが顔を出しました。

2回目に産まれたヒナは合計3羽。
そのヒナたちも8月上旬には無事巣立っていきました。

このつがいは、今年合わせて8羽の子ツバメたちを送り出しました。巣立った子どもたちが、来年元気な親ツバメに成長して戻ってきてくれることを祈ります。

そして今日。あれ??

今シーズン2回の子育てを果たした親ツバメたちですが、まだ巣から離れません。まさか、3回目も頑張るつもりだったりして?!
それとも、他のつがいに巣を取られないよう見張っているのでしょうか・・・?

もうしばらく観察を続けてみます。
何かわかったら、また報告するかもしれません。





| 動物ネタ | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:13 | - | - | pookmark |









http://sumiart.jugem.jp/trackback/557