CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
和の菓子
和の菓子 (JUGEMレビュー »)
高岡 一弥,高橋 睦郎,与田 弘志,宮下 惠美子,リー・ガーガ
完成された美、抜き差しならない美しさ…眺めているだけで幸せになれる、とても美しい本です。装丁も素敵です。ベストデザイン賞受賞(グルマン世界料理本大賞)
RECOMMEND
RECOMMEND
スノーフレーク
スノーフレーク (JUGEMレビュー »)
ケネス リブレクト,パトリシア ラスムッセン
キラキラと舞い降ちる雪の結晶…その誕生や成長を分かりやすく解説する著者のまなざしの温かさ、はかない雪粒に秘められた奇跡の数々。写真集としても手元に置きたい宝物的1冊。
RECOMMEND
虹大陸~Amazing Australia~
虹大陸~Amazing Australia~ (JUGEMレビュー »)

オーストラリア・タスマニアの自然を撮り続けている写真家・相原正明氏のDVD。ご本人による解説も面白くてわかりやすく◎!
SPONSORED LINKS
J-WAVE Now On Air
MOBILE
qrcode
OTHERS
 
墨のアトリエの日常を徒然につづります
<< 謹賀新年2019 | main | sato-ca@そごう千葉 >>
東京初詣


 午前9時ごろ、東京駅に着きました。 丸ノ内ビル群からの照り返しを受けて輝く赤煉瓦駅舎と日の丸。このすがすがしい景色を見た方は、 実はかなり多かったのではないでしょうか。



 というのも本日この場所は、平成最後の一般参賀を目指す人々のスタート地点。後から聞いた話では通算15万人以上の方々が列をなしたそうです。そんな規模になるとはつゆ知らず、初心者にして「一生の記念に!」との旧友の誘いに軽い気持ちで賛同した私は、この時はただただ、すがすがしい空気を感じながら時々駅舎を振り返るような余裕たっぷりの“おのぼりさん”でした。

 そして4時間後の午後1時。携帯もつながらない程の果てしない人混みに立ち続けた末たどりついたあの場所で小さな国旗を振る瞬間が来た時の高揚感・・・これは確かに一生ものかもしれません。
 あれだけの群衆がトラブルもなく笑顔でゴールできるなんて、いろいろな意味で貴重なことだと思います。そんな“日本のお正月”体験でした。




* * * * * * *

| 街ネタ | 21:28 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:28 | - | - | pookmark |
http://sumiart.jugem.jp/trackback/565