スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

東京初詣



 午前9時ごろ、東京駅に着きました。 丸ノ内ビル群からの照り返しを受けて輝く赤煉瓦駅舎と日の丸。このすがすがしい景色を見た方は、 実はかなり多かったのではないでしょうか。



 というのも本日この場所は、平成最後の一般参賀を目指す人々のスタート地点。後から聞いた話では通算15万人以上の方々が列をなしたそうです。そんな規模になるとはつゆ知らず、初心者にして「一生の記念に!」との旧友の誘いに軽い気持ちで賛同した私は、この時はただただ、すがすがしい空気を感じながら時々駅舎を振り返るような余裕たっぷりの“おのぼりさん”でした。

 そして4時間後の午後1時。携帯もつながらない程の果てしない人混みに立ち続けた末たどりついたあの場所で小さな国旗を振る瞬間が来た時の高揚感・・・これは確かに一生ものかもしれません。
 あれだけの群衆がトラブルもなく笑顔でゴールできるなんて、いろいろな意味で貴重なことだと思います。そんな“日本のお正月”体験でした。




* * * * * * *

スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL