スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桜@千葉公園 2018

千鳥ヶ淵など、都内の桜が早くも満開だそうです。
それなら千葉公園は?というと・・・



今日のところは、全体としては「五分咲き」という印象。
同じソメイヨシノでも、まだ咲き始めたばかりのものから、七分咲きのものまでが混在している感じです。急に温かくなって、桜も驚いているのかもしれません。



正午少し前に見に行ったので、これから気温が上がってどんどん開花が進めば、あさってくらいには満開の桜が楽しめそうです。



正味3分のスピード花見、終了。
もう少しゆっくりと、ランチタイムだけでも何とか時間を作ってお花見できたら・・・と夢見つつ、急ぎ帰途に就く年度末モードの3号でした。






ラナンキュラス月間

 ただいま、密かに?切り花(の変遷)を楽しんでいます。



 きっかけは数年前に初めて購入した造花でした。
 仕事で立ち寄った専門店で、それまで持っていたイメージを覆す繊細なアートフラワーの数々にまず圧倒され、その中で一番気に入った花を自分にも1輪だけ買って帰ろうと思って見つけたのが、小振りのラナンキュラスでした。

 そして2年前の冬、生花店で本物のラナンキュラスと遭遇。
 訳もわからず水だけはこまめに替え、外側の花びらが枯れてきた段階でも捨てるにはしのびなく、枯れたところだけをつみとり続けて1ヶ月・・・気がつけば、黄色だった花が、白とピンクのグラデーションに美しく変貌するという嬉しいサプライズが! (ご興味のある方は、2016年1月3日の記事をご参照ください。)

 とにかく、切り花はただ枯れていくのではなく、飾っている間にも成長し、ときには感動的な変化を遂げる、ということをその時知ったのでした。

 そんなこともあって、この冬もお花屋さんをちょいちょい物色し、これと決めたのが 濃い朱色のラナンキュラス。今回は自信を持って、1週間、2週間と、外側のしおれた花びらを取り除きながら見守り続けています。


2月13日(購入直後)


2月19日(約1週間後)


3月17日(約1ヶ月後)

 これまた想定外!
 今回の子は、花びらがどんどん小さくなって、色は淡いピンクに変わっていって、しまいには、芯に近い所から若葉のようなものが伸びてきた…?!
この緑色の芽は、どういうこと?もっと伸びるのか?増えるのか??

 神秘の植物、ラナンキュラス。
 今後もひきつづき観察していきたいと思います。






千葉公園にも冬は来る



今日もイチョウは眩しいくらいに見頃だけれど、いつの間にか12月。



取引先に寄った帰り、すごく久しぶりに千葉公園の中を歩いてみました。 桜の葉はすっかり散って、公園中が「秋は終わるよ」と言っているようです。



ここに来るのは春のお花見以来だったので、あまりの落差に愕然・・・。 (今年はついにオオガハスを見逃しました。夏の記憶があまりありません。)

黒猫も寒そうだ。と思って見ていたら、





ウィンクしてくれました。何か良いことがありますように。




まだ午前中なのに、影が横に長いです。
やっぱり冬なんだ!




 

晴れ桜@千葉公園



 千葉公園のソメイヨシノでふたたびの5分花見!



 昨日の暴風雨にも負けずに咲き誇っていてくれました。



 足もとも、頭上も桜色に包まれて、その向こうに青空が広がっていて、今日こそ最高のお花見日和です。



 本当は今すぐここで桜を見上げながらお昼寝がしたいのに・・・!

 公園でのんびりはできませんでしたが、町中で桜の花びらが舞っていて、なんとも穏やかな1日でした。




* * * * * * *

桜@千葉公園



 ランチの終わりのほんの5分、花を求めて千葉公園へ。
ソメイヨシノはここ数日で一気に咲きそろい、今まさに見頃です!





 明日は雨で風も強まる予報なので、早く散ってしまわないかと心配…。

 今日は急な思い付きでデジカメを忘れ、慌てて携帯で撮ったピンぼけ写真しか残せなかったので、リベンジしたいです。明後日以降、もう少しゆっくり花を愛でるチャンスに、恵まれますように!




* * * * * * *

初桜



ビルの狭間に、早咲きの桜を見つけました。まだ風は冷たいけれど、間違いなく春の気配。




* * * * * * *

大賀ハス@千葉公園



 今年も千葉公園に大賀ハスの季節がやってきました。



 ハスの花は早朝から開き始めて正午には閉じてしまうとよく聞きますが、今日はお昼過ぎにも関わらず、多くの花を見ることができました。昨日の雨のおかげかな?通常は朝7時から9時ごろに一番多く花が開いているそうです。

 
 
 
 

 全体的に花の背丈がまだ低く、つぼみもたくさんありましたので、開花のピークはこれからだと思います。まだご覧になっていない方、来週はオススメですよ!

 明日6/18から「大賀ハスまつり」も開催されるそうです。お時間のある方は是非、早朝の涼しいうちに千葉公園の蓮池へお出かけ下さい。日差しが強いので、日傘や帽子もお忘れなく!

* * * * * * *

「千葉公園 大賀ハスまつり」
開催期間:平成28年6月18日(土)〜26日(日)
会場:千葉公園 蓮華亭・ハス池周辺
イベント内容:オオガハスにまつわる講演や楽器演奏、象鼻杯体験、農産物・花苗の販売など
(イベントの詳細は千葉市のホームページをご参照ください。)
↓千葉市・大賀ハスまつりのご案内ページ↓
http://www.city.chiba.jp/toshi/koenryokuchi/ryokusei/midoritohana/oga-lotus2016.html?tpb

* * * * * * *






春色@千葉公園


千葉公園ではソメイヨシノが満開です。久しぶりの好天と桜の満開が重なって、お花見広場はとても賑わっています。ランチお花見、皆さんとっても楽しそう。




鳩たちは樹上でお花見。少しうらやましい。


苔緑と桜、味わい深い和の色合わせ。


ムスカリの花畑は、西洋画風の春の色。


春の花が一斉に咲いて、華やかさを取り戻した千葉公園です。






綿打池の周りでは、しだれ桜も咲き始めました。


スズメと鳩がお花見の場所取り合戦。

結局、鳩の粘り勝ちでした。






ラナンキュラス



先月中旬に購入した花々、バラ、ガーベラ、ラナンキュラスそしてカスミソウ。黄色のグラデーションを日々楽しんでいましたが、まずバラが、そしてラナンキュラスが徐々に弱っていきました。

バラはしおれる一方なので早々に諦め、何となく諦めきれなかったのがラナンキュラス。生花で購入したのは初めてで扱い方がわかりません。とりあえず外側の乾燥して弱ってしまった花びらを毎日取り除き、だましだまし鑑賞していたところ…。



約1か月後、このような変身を遂げました!散った分に負けない程、次々と内側から花びらが開いて来て、少しずつピンク色に色づいていきました。美しい…。些細なことかもしれませんが、正月早々嬉しくて仕方がないのです。





大賀ハス@千葉公園



今日はランチパスポートをお休みして千葉公園にて小休憩。毎年この時期が見頃の蓮池へやってきました。

例年と比べると花や蕾の数が少なく、逆に散った花びらなどが目立っていて、開花時期の終盤という雰囲気。見頃を逃してしまったようで残念ですが、まだ綺麗に咲いている花もあり、風に吹かれて揺れている姿は情緒たっぷりでした。

  

 

 

 

蓮池に隣接した建物に「花園ハス祭り観蓮会」のポスターが掲示されていました。旧東大緑地植物実験所で、7/18に蓮の鑑賞会が開催されるそうです。普段は一般解放されていない場所とのこと。花がお好きな方は、この機会に早起きをして新検見川方面へ出かけてみてはいかがですか?



***花園ハス祭り観蓮会***
日時:2015年7月18日(土)午前6時〜10時(入場無料)
会場:東京大学旧緑地植物実験所(千葉市花見川区畑町1051)
アクセス:JR総武線「新検見川駅」から徒歩約20分、
または北口から京成バスに乗車し「花見川区役所入口」下車