スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

銚子電鉄日帰りの旅

 台風15号がしつこい残暑を吹き飛ばしてくれたのでしょうか、行楽日和がつづいています。すがすがしい秋空に誘われて「銚子電鉄日帰りの旅」へ出発しました。早起きをして千葉駅からJR銚子行きに乗車。終点まで1時間半の道のりですが、どこに寄ろうかと話しているうちにもう銚子駅に到着しました。

銚子駅ゲート  降りたホームの
 先がすぐ銚子電鉄
 の入り口。
 
  ゲートをくぐると…
 

車両  緑の電車が
 待っていました。


 か、かわいい♪ 


  …鉄道マニア
 でなくとも写真
 を撮らずには
 いられぬたた
 ずまい。

 
車掌up  中で、車掌さん
 から一日乗車券
 を購入しました。

  犬吠駅の売店で
 かの「ぬれ煎餅」
 を1枚もらえるサー
 ビスつき。展望施
 設の割引もついて 
 いて、とってもお得
 な乗車券です。

 ガイドさんが銚子のパンフレットを配りながら、「もう少しで海が見えますよ」「お醤油の香り、わかりますか?」と気分を盛り上げてくれます。
  「今すごく綺麗に海が見えてます。銚子の天気は変わりやすいですから、『地球が丸く見える丘』へ行くなら午前中がお勧めですよ。」そんなガイドさんの後押しもあり、<犬吠駅>にて下車しました。ここからハイキングです。

犬吠駅

満願寺  途中で寄った
 <満願寺>。
 お遍路さんに
 ゆかりのお寺
 です。

 お寺の左脇の坂道を上った頂に<地球が丸く見える丘>があります。
 ここへのぼるのは2度目ですが、やっぱり視界が広いって気持ちがいい。どこまでも晴れた空、くっきりと見える水平線、ぐるりと海に囲まれて…

地球丘風車

水平線1

水平線2

 あれ?何か変。海ってこんな色? 改めてよく見ると、利根川の河口近くから犬吠崎灯台の向こう側へと徐々に薄まる茶色のグラデーションが、視界の海いっぱいに広がっていました。
 立て続けに通過した2つの台風が関東各地で土砂崩れなどの被害を出しているとニュースで見てはいましたが、その土砂がこんな風に海を染めているとは思いもしませんでした。今日のこの景色は忘れられないだろうなと思いながら、かなりの時間、ここで海を見ていました。

 銚子電鉄の終点に<戸川>という港町があります。そこには昔懐かしい漁師町のたたずまいがあるということで、犬吠駅には戻らず戸川方面へ丘を下ることにしました。

戸川の坂道  坂道をどんどん下って
 銚子電鉄の線路を越え、
 さらに下ると海が見えて
 きました。

 この辺りは、集落全体が大きな階段のようになっています。写真のような、海へ続く縦の道と、民家と民家の間を細く区切る横の道が、段違いに何本も並んで交差しています。そんな中をジグザグと歩いていると、自分が猫になったような気分を楽しめます。ただうろうろしているだけの迷子の観光客は地元の方にはご迷惑だったかもしれませんが、ここではぶらり旅をかなり堪能させていただきました。

戸川駅  再度、
 銚子電鉄へ。

 とても素朴な
 <戸川駅>。

戸川駅運賃  駅舎の中は
 まさにレトロ
 空間!

 落ち着きます…

戸川駅ホーム  列車が
 見えてき
 ました。

戸川駅車両1

戸川駅車両2  またまたかわいい
 1両電車。やはり
 ワクワクしてしまい
 ます。

 たくさん歩いてお腹が減ったので、食事処が集まる<観音駅>で下車し、定食屋さんへ直行しました。

久六 <定食 久六>。

  この辺りの名物は
 「きんめ鯛」という
 ことでしたが…

定食看板  メニューはバッテン
 だらけ。

  「台風の影響で今
 日はいいきんめ鯛が
 入らなかったんです。」
 との説明に一同納得。

  気を取り直して、
 まぐろの定食を
 いただきました。

 刺身定食、スタミナ唐揚げとスタミナかつ定食、刺し揚げ定食の3つを注文。どれにもたっぷりのご飯と味噌汁、漬物、そして自家製まぐろふりかけの小鉢が付いています。

まぐろ定食

 「今の季節は新米ですしその都度精米して焚いていますから、何杯でもおかわりしてくださいね。」
 そんな風に笑顔で言われ、3人とも本当におかわりしてしまいました。交換し合った唐揚げやカツもサクッとした衣とまぐろ肉の旨味が絶妙、どれもこれもごはんが進む逸品ばかりでした。とにかくお店の方が親切で、とてもくつろがせていただきました。ご馳走様です。満腹です。また来ます。

 駅へ戻る道すがら<円福寺>の観音様にご挨拶をしました。こちらの飯沼観音は坂東三十三観音霊場の第27番札所に指定された由緒ある観音様だそうです。

観音さま社殿 

 そして西日が眩しい午後3時過ぎ。たい焼の看板を目印に<観音駅>まで戻ってきました。

観音駅

たいやき  満腹なの
 に、つい…。

観音駅電車

 さっきの青い電車が迎えに来てくれました。最後にもう一度<犬吠駅>へ向かい、灯台に立ち寄ります。

犬吠遊歩道  犬吠駅では朝と
 反対の方向へ。

  遊歩道をおりた先に
 海が待っています。

犬吠海岸

海岸と灯台

 <犬吠崎灯台>に到着しました。4時を少しまわってしまい灯台の中には入れませんでしたが、周囲をぐるっとまわって白く輝く灯台と青空を満喫しました。

犬吠崎灯台

長い影  影が長くなってきました。
 暗くなる前に帰りますか。

 また銚子駅でJRに乗り換えたところで<銚子電鉄日帰りの旅>無事終了です。お疲れさまでした。
 千葉行きの車窓から真っ赤な夕焼けが見えましたが、その後は眠ってしまい、千葉に着いたころ外は真っ暗でした。充実した1日でした。

成田太鼓祭

 涼しい快晴の朝。絶好の行楽日和となりました。

 このところ、震災関連も含め身の回りでいろいろなことが重なり、遠出や行楽とは縁のないまま春が終わると思っていた矢先、友人たちが成田山新勝寺で行われる太鼓祭に誘い出してくれました。今年の祭りは、震災で亡くなった方への慰霊祭でもあるとのことでした。

成田_大野屋

 JR成田駅から参道を歩きます。上空でツバメが飛び交っています。これまでは大勢がごった返すお正月にしか来たことがなかったので、新鮮な気持ちで古い街並みを歩きました。
 早朝の参道は、どこも開店準備中。うなぎ屋の店先では仕込みの鰻がすごいスピードでさばかれています。幸い、地震の影響はどこにも見えません。静かで、とても味のある街並みです。

成田_しだれ桜

 境内に入り、階段を登り切ったとたん、目の前に祭りの景色が広がりました。本堂に向かって大小の太鼓が手前から奥までずらりと並び、その周りを観客がとり囲んでいます。

成田_太鼓祭

 祭りの幕開けは、本堂の前に集まった約600人もの打ち手が一斉に太鼓を打つ「千願華太鼓」。大勢の打ち手たちが息を合わせ、一斉に手を振り上げては太鼓を打ち鳴らす様は、それはそれは壮観でした。音や掛け声が体の芯まで響いてきました。力強い祈りの太鼓に、ふさいでいた気持ちが少し軽くなるのを感じました。

 元気が出てきた所で、もっと元気になろうと名物「成田のうなぎ」のもとへ。何件かあるうなぎ屋の中で、迷わず本命の「川豊」へ飛び込みました。昼食には少し早い11時でしたが、すでに店内は満席。列に並んで、チケットを買って、うきうきしながら順番を待ちます。

成田_川豊うなぎ券

 「きも吸い」は、友人がWEBクーポンにて無料でゲットしてくれました。彼女のこういう時の段取りの良さにはいつも感心してしまいます。

 そしてついにご対面、はじめまして、川豊の上うな重!!

成田_うな重

 こんな分量食べきれるかなと思った最初が嘘のよう…ふわっとした程よい焼き加減の鰻は余計な臭みなどが一切なく、最初から最後まで最高のお味!

成田_うなぎup

 ごはんはやや水分少なめで、タレも汁だくではなくて、そのバランスが絶妙!半分くらいの所で山椒をかけるつもりだったのが、ついにそれすら忘れて没頭し、食べつくしてしまいました。もう一度食べに来なくては。次回は山椒をかけて味わうぞ。墨の1号さん、2号さんにも是非お勧めしなくては。

成田_地酒

 日本酒が好きな友人は成田の地酒をお土産に買っていました。樽からその場で瓶に入れてくれるなんて、素敵なサービスです。私は手焼きせんべいを買いました。

 太鼓のステージは参道の途中にも数ヶ所設けられていて、散策しながら楽しむことができ、とても良い休日を過ごすことができました。誘い出してくれた友人たちに感謝です。

神楽坂さんぽ

110211神楽坂1  予報通り
  東京は雪になりました
  予定通り
  東京へ出かけます

  おのぼりさんで
  すみません
  始めて歩いたので
  びっくりです
  ほんとに
  坂だらけの神楽坂!


目的地は墨の2号さんが見つけたアートスポット
焼き物作家の個展を訪ねて
運動不足の体に鞭打ち
坂を登ること10分弱…なんとかたどり着きました
古い住宅を改装した趣のあるギャラリーの名前は
ラ・ロンダジルさんと言います

1Fで個展を見て、2Fのショップでちょっとお買い物をして
楽しい雪の1日でした

P.S
実は、この日なにより感動したのは雪の結晶の美しさでした
条件が良かったらしく、手袋や袖に積もった雪の形がものすごく綺麗でした!
いろいろなかたちの雪花。溶けてなくなってしまうのが本当に残念だけど、そこがまた美しい!!写真に残せないのがちょっと残念!

初詣

 遅ればせながら、初詣に出かけました。

 成田山、何年ぶりでしょう…前回来た時は境内の入り口が工事中で、脇から回り込むように詣でた記憶があります。そのとき作っていたのがこちらの「総門」。開基1070年記念事業として2006年に竣工したそうです。 もう、4年前か……あ、もうすぐ日が暮れる!日差しはわずかに総門のてっぺんを照らすばかり。急がねば。
 門の正面では深々とおじぎをする方々が多数見受けられます。私も倣って、1礼をしてから門をくぐりました。
100109_成田正門
 ↑ 総ヒノキ造りの見事な「総門」

 境内には縁起もののだるまや七味唐辛子などを売る出店が所狭しと並んでいました。よく見ると射的コーナー、たこ焼き、焼きそば、綿菓子やお面も。三が日にはさぞかし賑わったことでしょう。

100109_成田参道
 正面の石段を上がって仁王門をくぐると、大本堂が現れます。
 三が日なら人があふれて歩くのも一苦労となる境内ですが、9日の、しかも午後3時過ぎともなれば、さすがに人はまばらです。すいすいと歩けるのが拍子抜けに感じられるくらいです。

100109_本堂  すいていたので、無事、
 日暮れ前にたっぷりと
 参拝することができました。

  商売繁盛、
   家内安全、
    身体健全……

  これで今年は安泰に
 過ごせるはずです。ホッ。


 ところで、成田山といえば、1度見てみたいのが「豆まき式」です。
毎年、大相撲力士やNHK大河ドラマの出演者を招いて盛大に執り行われる節分の行事で、今年も2月3日(水)に以下のゲストが予定されているそうです。

【大相撲力士】朝青龍、把瑠都、千代大海、稀勢の里、山本山
【NHK大河ドラマ「龍馬伝」】香川照之、宮迫博之、奥貫薫、近藤正臣、倍賞美津子
(イベントの詳細は成田山新勝寺公式HP「平成22年 節分会のご案内」をご参照ください。→http://www.naritasan.or.jp/setubun.html

 そうそうたる顔ぶれですが、平日なので今年も行けそうにありません。香川照之さんは「坂の上の雲」での「ノボサン」(正岡子規)役がとても素敵でした。お会いしてみたい俳優さんです。これで主演の福山雅治さんのお名前があったら、無理をしてでも出かけていたことでしょう……。

新年おめでとうございます

浅間神社 謹 賀 新 年!

みなさま、初詣へは行かれましたか?

わたくし墨の3号は、あやうく三が日を寝正月で終わりそうなところを、気の利いた友人の誘いに救われて本日無事、稲毛浅間神社へ初詣でと相成りました。

かなり久し振りのお参りでして、参道はきれいに舗装されているし、立派な集会所も建っているしで、記憶の中のイメージとはずいぶん様子が変わっていました。

浅間神社といえば、はじめてここへ来たのは小学校3年生の頃。
誰が言い出したのか、クラスの仲間7〜8人で夏祭りを見に行こうということになって、わくわくしながら行ってみたら屋台も何もなくて、結局がっかりして帰った、という思い出があります。
今にして思えば、単に祭りの日を間違えただけのこと。子供でした…。

しかも、翌朝の学級会で、メンバー全員が机の上に(!)正座させられ、「学区外に子供だけで出かけるとは何事か!」と、担任の先生からかなりのお叱りを受けたのでした。どうして先生にばれたのか、いまだに謎です。

さて思い出話はこの辺で…

2009年になりました。
今年もみなさまどうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>ペコリ。

佐原 あやめ祭り

佐原 あやめ祭り絶好の行楽日和!
佐原へドライブに行ってきました。
今回のお目当ては、水生植物園で開催中の
「あやめ祭り」です。
「入園券があるから一緒に行かない?」
と誘ってくれた友人のおかげで、
ついに念願がかなったという訳です。

一面に広がる満開のハナショウブ、
なんて雅なのでしょう!

リーフレットの解説によると、ここのハナショウブは「東洋一」なのだとか。全種類撮影するのは到底無理なので、ほんの少しだけご紹介。

花菖蒲 1 花菖蒲 2 花菖蒲 3 花菖蒲 えんじ 花菖蒲 薄紫

とにかく、思っていたよりどれも背が高くて、花弁が大きく立派なことに感心しました。そして何より種類が多い!

佐原 嫁入舟こちらは「嫁入り舟」。6月中のみ・3組限定・雨天中止という希少な催し。
水郷の町ならではの風習を再現したもので、
本物の新郎新婦が園内で神前式を行います。
香取神宮から宮司と巫女がやってきて、
舞いも奉納されました。
次回は6/22(日)の午前中です。
興味のある方は、当日早起きをして、
10:30までにあやめ祭り会場へ行かれることをお勧めします。

さて、式が終わってから、私たちも小舟に乗ってみました。
すぃー、すぃーと、睡蓮の浮かぶ水路を進む小舟は快適!
低い目線から見る花畑も新鮮です。エンジンのついた舟と違い、人が竹竿で進める舟は、本当に静かで気持ちが良いです。
あやめ祭り、行けて良かった! 下調べ万全の友人に大感謝です。

佐原 小見川沿い

ハナショウブは、市街地の小野川沿いでも満開でした。いつもの「小江戸」も、一層風情があると思いません?
また来たいな〜、次回は鰻が食べたいな〜(混んでいたので今回は断念…)花より団子という方は、植物園よりもまず目当ての飲食店へ直行されることをお勧めいたしますです。

★水郷佐原水生植物園「あやめ祭り」(平成20年度)
 開催期間:5/31(土)〜6/29(日)
 開園時間:8時〜19時(土・日は21時まで)
 園内舟めぐり:8:15〜17:15

★同「はす祭り」
 開催期間:7/5(土)〜8/3(日)
 開園時間:8時〜16時
 早朝観蓮会(6時開園):7/6、13、20、21、27、8/3

※上記イベント日程は今日現在の植物園リーフレットから引用しました。
 変更される場合もあるとのこと。詳しくは下記にてご確認を。
 香取市のHP→ http://www.city.katori.lg.jp/

水田さんぽ

DVC00029_ed_ed.jpg3日、4日と連休を利用して、
そろって田植え体験へ行ってきました。
場所は、鴨川にほど近い南房総市の和田町、
今年で3回目です。

初日は高速道路走行中に豪雨に見舞われ、
天候を案じながらの出発となりましたが、
午後には雨もあがり、
暑くもなく寒くもない絶好の田植え日和!

大人5人と子ども3人、1列に並んで、はだしになっての田植え体験。
すばらしいチームワークで瞬く間に1枚分の田植えが完了しました。
みごとな働きぶりをお見せできないのが残念です。
(手が泥だらけで写真をとるどころではありませんでした。)

現地に1泊し、翌朝、少し畦道を散歩しました。
上の写真は小麦畑。若葉が眩しいです。

房総には花畑がたくさんありますが、
ちょっとした草原にも、かわいい野草がたくさん咲いています。

DVC00049_ed.jpg DVC00026_ed.jpg DVC00023_ed.jpg DVC00035_ed.jpg DVC00036_ed.jpg

小室公園

DVC00002_ed.jpg今年の桜は早いですね、
都内ではすでに満開だとか。

それなら……と、
はるばる船橋市小室町へ
やってきました。

このあたりは都内より涼しいので、
まだ5分咲きくらいです。
もうしばらく桜、楽しめそうだなぁ。

「小室のお花見」は墨の2号さんのお誘いで参加して以来、すっかり恒例となっておりまして、船橋の住人でもないのにもう3〜4回はお邪魔しています。

DVC00003_ed.jpg花見だ 花見だ♪

ふかふかと落ち葉の積もった
丘の上にシートを広げて、
木漏れ日に照らされながら
ゆったり過ごす至福の一日。

休日なのにお仕事、の、墨の1号さんを他所に盛り上がる一行なのでした。

さよならさんちゃん

DVC00017_ed.jpg墨の1号さんの愛車、
ルノー・トゥインゴ(通称:さんちゃん)の引取先が決まり、
ついに今日限りでお別れすることになりました。

廃車ではなく、すぐに乗りたいという
引き取り手が見つかったのが幸いです。
次のオーナーさんにも可愛がってもらえるといいね。

折に触れ同乗させてもらい、時には運転させてもらうこともありました。
2時間交替で運転して九州まで旅したこともあったな。
あの時のさんちゃんは、ぐいぐい走って本当に頼もしかったよ。

左ハンドルで、マニュアルなのにクラッチが無いという
変わり者(?)のさんちゃん。

ハザードランプの赤いボタンが好きだった。
雲が浮かぶ青空模様のシートも。
テレビで山椒魚を見てかわいいと思うようになったのも、
この車の顔のせいだと思う。

今までいっぱいいっぱい助けてくれてありがとう、元気でね!

南房総イチゴ狩りツアー!! その2

さて、イチゴ腹いっぱいとソーセージ&ベーコン腹いっぱいになった一行。次なる観光の場を求めて、しばし道の駅に立ち寄りました。「道の駅・みよし」には無料の足湯と裸足で歩く狎个瞭鮫瓩あり、へっぴり腰になりながら足裏に刺激を与えたあと、足湯でぽかぽかになりました。この道の駅は全国の国道沿いに作られた公設民営(のはず)のドライブイン。地域の農産物販売所として機能しており、観光客や地元の買い物客でにぎわっています。この時期は房総半島へのドライブを誘うキャンペーン中で、半島先端部の11の道の駅のスタンプを集めて応募すると素敵な賞品が当たるとか。しかし全部集めるのは困難だからとあきらめていたら、2号さんが「3箇所のスタンプでびわソフトが50円引き」という素敵な文句を見つけてくれました。えらい!よし、それいこう!!

それでは海沿いに行こうと半島の南端を目指す我々。そこにおわすは野島崎。明治時代に立てられた灯台があるところです。200円で灯台に登れるというのでいざ挑戦。らせん状の階段を上り、最後はほぼ垂直な階段を上りきると・・・
 ↓野島崎灯台
  

目の前には太平洋が開けます。結構風が強いです。いやあ絶景かな、絶景かな。ぼんやりと伊豆大島が見えました。
 ↓野島崎灯台の眺め
 

すっかり体は冷えましたが、灯台のしくみも学習できこれまた堪能。

このあとは千倉の潮風王国でスタンプを押し枇杷倶楽部で50円引きのびわソフトを味わい、「17時から20時までにICを出入りする」という割引条件をクリアすべく富浦ICから高速へ乗りました。途中またまた富楽里で軽食をとりながら「ああ、明日が休みなら・・・」という台詞は心にしまいながら帰途についたのでした。
さんちゃんのいい思い出づくりができました。みなさん、ありがとう。