スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ツバメ日記2011(1) ツバメ団地もリニューアル?

 桜が満開になった頃、ツバメたちが次々と千葉に帰ってきました。
 春から初夏へ…と季節がうつろっていきます。

 さて、ただいま千葉駅ビルは改装の真っ最中。ここ池尻地下道にも、新しくオープンカフェが出来るようです。

タリーズ燕 「なんだか去年と違うなあ…」

 地下道は真っ白なペンキとダウンライトで模様替え。昨年と様子が違う我が家(?)にはじめは戸惑っていたツバメたちも、「やはりこの場所で」と決め場所取り合戦を始めたようです。

燕ツガイ  「新しい家、どこにする?」

  「去年どの辺りだったっけ?」


燕_沢尻地下道  「その明かりの上はどう?」

  「うん、結構いい感じ。」

 今年は、おいしいコーヒーをいただきながらツバメの子育て観察しようかな?

 ペリエのホームページによると、「ペリエ千葉 カーニバル」(旧ペリエ3)は今週末、4月29日(金・祝)午前10時リニューアルオープンだそうです。

ツバメ日記2010(12)ガレージの巣、完成

5/24に工事が始まったコンビニ脇のツバメの巣は、夫妻の頑張りの甲斐あって無事竣工を迎えたようです。

526_ガレージ燕_巣 ←5/26(工事3日目)

527_ガレージ燕_巣 ←5/27(工事4日目)

527_ガレージ燕_巣 ←6/2(今日、10日目)

 ふんわり、こんもりとした
 居心地のよさそうな巣です。

 ここで子育てが始まるのが
 とても楽しみです。 

 

ツバメ日記2010(11)新居完成

602_コード燕07_2羽接写   場所取りから約2週間。

  巣はすっかり
 完成していました。
 
  オスの姿も、
 なんだか誇らしげに
 見えます。

602_コード燕08_2羽正面
  巣の中で休むメス。

  下からそっと見守るオス。
  とっても頼もしいです。

ツバメ日記2010(10)新築中

 ツバメ団地にまた新しい仲間が増えました。

521_コード燕01_場所とり  ←5/21

 場所取りをしているらしい
 ツバメを発見。


524_コード燕02_巣作り  ←5/24

 3日後、
 やはりここで巣作りが
 はじまっていました。

 ただし、住人の姿は見えず…

526_コード燕03_巣作り  ←5/26

 5日後。
 工事は順調な模様。

526_コード燕03_巣作り  ←5/27(本日)

 ようやく住人に再会。

 「工事はかどってますか?」

527_コード燕05_巣作り  せっせ、せっせ、

527_コード燕06_巣作り  せっせ、せっせ。 

 …お忙しいですね。
 ではまた後日…

 

ツバメ日記2010(9)ガレージつばめ

千葉駅北口のコンビニの脇で、巣作りするツバメをみつけました。
マンション駐車場ゲートのアンテナの上に作っています。
こんなところ、車も人もたくさん通って落ち着かないと思うのだけど…。

524_ガレージ燕_巣作り1 せっせ、せっせ。

524_ガレージ燕_巣作り2 …ふう、

524_ガレージ燕_巣作り3 せっせ、せっせ。

524_ガレージ燕_巣作り …ふう。

なんだかとっても大変そうだけど、巣作り頑張って!

帰宅するたびにツバメが出迎えてくれるなんて、
このマンションの住人がうらやましいです。

ツバメ日記2010(8)コンコースにも

 千葉駅コンコースの内側の巣にも、ツバメが帰ってきました。
 駅周辺では一番高いところにある巣で、携帯での撮影はかなりきびしいです。ああ遠い…。 
 巣の横の電線で休むのが、このつがいのお気に入りのようです。

524_コンコース燕_全景

524_コンコース燕_オス  胸が広くて立派なオス。
 燕尾服がキマッてっています。

 遠目にも、かなりたくましい
 ツバメです。

602_コンコース燕_メス  比べて、メスの方は体が小さく
 きゃしゃな感じ。 

 美男美女のカップルです。
  

ツバメ日記2010(7)新居完成

518新パネル燕_巣完成  パネルの上の巣は、
 このとおり立派に完成
 していました。 

  2羽とも、自作の新居に
 すっかり満足している
 様子です。

ツバメ日記2010(6) 早寝早起き?

 夜9時ごろのツバメ団地にお邪魔しました。

100513_熟睡燕


 ←ツバメ、寝てる。


  完全に眠ってる。
  こんな所で。
 
 いつもは昼休みに通ることが多いので、こういう姿はなかなか見られません。
 駅前なので、この時間でも人通りは多いのですが、このツバメは実によく眠っております。

 …ツバメを見習って毎晩9時に寝れば、日中もっとバリバリ働ける…かも?

 無理ムリ!
 このブログを更新している時点で、全く早起きが期待できない私です。

ツバメ日記2010(5) 野鳥は大切に!

 ツバメ団地にまた新しいご近所さんが増えたようです。
 去年まで巣がなかった場所に、いつの間にか巣がかけられて、その下にはしっかり「フンよけパネル」までとりつけられていました。

100506_新築ツバメ
  それにしても、こうしたパネルは
 一体どなたがつけるのでしょう…?

  アルミかなにかの金属でできて
 いるようですが、こんな風にぴったり
 と据え付けるのは、かなりの手間だ
 と思います。接地面の凹凸に沿っ
 た完璧なカッティング。いい仕事
 してるな〜。

 
 これだけ土台がしっかりしていればツバメも安心でしょう。もちろん我々通行人も、安心、安心。通行に支障があるからと巣を壊すのではなく、ツバメも人も共存できるようにという心遣い。本当にありがたいと思います。

 …ところで、ふと気になったので、ツバメの保護について軽〜く調べてみました。
 
Q.よく耳にする「鳥獣保護法」って、ツバメにも該当するのかな?

A.その答えは、とりあえず「YES」のようです。良かった…。

 いわゆる「鳥獣保護法」では、野鳥の捕獲や殺傷は成鳥のみならずヒナや卵に対しても禁じられており、ツバメも例外ではないようです。
 つまり、例えばフン害が嫌だからと短絡的に巣を壊して中にいたヒナや卵を傷つけてしまった場合なども罰せられるということです。あくまでネット上の情報をかいつまんだ私なりの解釈ですので、参考までに…ですが、もし身近な会話の中などで「自宅にできたツバメの巣を壊したい」というような話が出てきた時には、違法となる場合があることを助言した方が良い、ということは確かです。

 千葉駅周辺のツバメ保護にも、そうした側面の配慮があるのかもしれないな〜。
 法律が無くても当たり前に野鳥と共存できる世の中だったらいいのにな〜。 
などと思いつつ…

 まあ、背景はどうであれ、係の方の思いやりがなければここまで丁寧なパネル設置はかなわないでしょう。やっぱり、影の努力に「感謝」です。

ツバメ日記2010(4) ご近所闘争

 ツバメ団地が少しずつ賑わってきました。数が増えてくると、団地内ではしばしば縄張り争いが見られます。今日も、3羽のツバメがけたたましく鳴きながら激しく飛び交い、1つの巣の前でケンカをしていました。

100430_ツバメ3羽  右の1羽
  「お前ら何だ!
   そこは昨年俺らが作った家だぞ!
   出ていけ!」

 左の2羽 
  「今頃帰って来て勝手なこと言うな!
   俺たちが来たときは空家だったし、
   修理だってしたんだから
   ここはもう俺らのもんだ!」

 …と言っているかはわかりませんが、後から来た1羽があまりにもこの巣にこだわっているので、そんな想像をしてしまいました。
 ツバメのつがいは、オスとメスとで別々に越冬し、春になると昨年の巣の近くに帰ってきて、再びつがいになるそうです。つまり古巣は大切な待ち合わせ場所。でも、2羽対1羽では分が悪いですね。この巣がだめでも、ちゃんとパートナーと再会できるよう祈っています。

100430_ツバメ2羽   こちらは別のつがい。
 隣のケンカなどまったく気に
 ならない様子。
 なんか貫禄ある夫婦だなあ…